金利と投資の関係

投資信託に投資するなら

投資と金利との関係について

投資を行う上で、リスクが高いものの、金利などが良いもの、つまりもらえるお金が増えて返ってきてくれるけれども、損をしてしまう可能性もとても高いものが「投資信託」などになります。また、金利については、こちらは「国債」などに関係するものであり、これもその時の日本の経済状況によって、本当に様々な状態になっています。つまりおおよそ2007年頃にはかなり良かったものも、現在の2106年には、かなり悪くなっているなど、同じ商品でもこのようにかなり違いの差が出ているため、昔に国債を購入した人はお得であった、とされています。

低金利下での投資の重要性と戦略

経済学の基本的な理論では、金利が低下すると投資が活発化するとされます。現金や預金での資金保有の利回りが期待出来なくなる事により、資金運用で想定される利回りの期待値との乖離が大きくなる為です。特に長期保有の場合における複利での期待値は、その差が大きくなります。そしてこの理屈は、投資における考え方にも応用出来ます。現金・預金の代替として行おうとする場合には長期保有が前提となるので、一時的な利回りの大きさよりも多少低めでも安定した金融商品を選択し、時間経過が齎す複利の効果がじっくりと資産を増やしてくれるのを待つのが適切であると読み取る事が出来ます。

↑PAGE TOP